パソコンを購入するよりも会計や税金の面で有利なのは「リース」であるということができます。

これなら使える!自宅のパソコンとプリンタの選び方

PAGE

リースをうまく活用しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
皆さんの会社では毎月の「経費」とか「出費」というものをどのように軽減しようかと毎日本当に色々悩んでいるのではないでしょうか。
もちろんそれには色んな方法が可能性として考えられますが、今日はその中でもパソコンの「リース」ということを考えてみましょう。
まずリース費用にというのは経費の観点で「定額化」できますから予算が立てやすいということができますね。
故障などが生じてもそれをカバーする料金が基本的には発生しないので会計に非常に優しいと言われています。
パソコンの世界というのはとにかく「変化」が激しいと言われています。
中には古いパソコンを使っていると業務にかなりの支障が出てくるということも考えられるでしょう。
しかし5、6年単位で常にリースを利用していればそんなことを心配せずに常に状態の良いパソコンを利用することができます。
また税金の面でも実はこのリースというのは非常に有用なのです。
皆さんは「当期経費限度額」というものを聞いたことがありますか。
これを超えてしまうとその年に購入した物は償却資産になり、少し面倒ですよね。
しかしリースなら耐用年数で償却しますからもちろんその年数で経費化できるというメリットがあるのです。
ぜひ皆さんも会社の規模がある程度大きくなってきたらこのようなリースの可能性に関して考えてみるのはいかがでしょうか。
実に今は色んなリース会社が登場していますのでより安く良い製品を利用できる場合があります。

Copyright (C)2017これなら使える!自宅のパソコンとプリンタの選び方.All rights reserved.